コンプライアンス研修

皆さん,こんにちは。

弁護士の西川です。

日中は随分暖かくなってきましたね。

裁判所に行く道中,琵琶湖沿いではもう桜が咲いていました。

 

先日,某団体様より,社員に対する「コンプライアンス研修」の依頼を受け,講義をさせていただきました。

DSC07966

コンプライアンスと叫ばれて久しいですが,いざコンプライアンス違反が起きてしまうと企業存続の危機にもつながりかねず,コンプライアンス体制は企業にとって常に重要課題です。

今回,研修資料を作成している中でも,個々の社員における「コンプライアンス意識」向上の難しさを改めて感じました。

多くの人がかかわる会社という組織のなかで如何にコンプライアンスを維持していくかとなれば,リスク管理の観点等からの体制づくりはもちろんですが,根底で問われるのは「社風」ではないかと思います。

当たり前ですが,「まあ,いいか」という意識が蔓延している社風では,いつか大事故が起きかねません。

たとえ仕組みがあっても,それを担うのは「人」ですから。

そういった話をさせていただきました。

今回のような研修を通して,コンプライアンス向上に少しでもお役に立てれば幸いに思います。

 

2017年4月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 湖南法律事務所